• 大正7年
    浅草奥山にあった「水族館」に隣接する「昆虫館」を根岸興行部が購入し1階に回転木馬(メリーゴーランド)を設置し、2階部分は昆虫館として営業しました。
  • 大正13年 関東大震災。焼け残った昆虫館を「木馬館」と改称し大和家三姉姉妹の安来節で2階演芸場再開しました。
    ※ 添田知道著「浅草底流記」(昭和5年)に詳細。
  • 昭和20年
    東京大空襲。奇跡的に焼け残った奥山は、木馬(メリーゴーランド)を修復して再開。東京で唯一の安来節をかけて大人気となりました。
    ※ 大正年間には、安来節の常設館は浅草に幾つもありましたが、当時は木馬館だした。
  • 昭和31年
    「木馬館」の名称はそのまま残し、1階のメリーゴーランドを撤去、大改修を行いました。
    ※ 現在も当時の木馬の1台が保存されています。
  • 昭和45年
    1階のメリーゴーランドの跡地に「木馬亭」を開設。浪曲、講談の定席となりました。また、当時2階の木馬館では北区十条の篠原演芸劇が出張して大衆演劇を始めました。
  • 昭和52年
    木馬館で「安来節さよなら公演」を開催。新聞・テレビが大きく取上げ話題になりました。
  • 昭和54年
    経営者根岸浜吉氏逝去。夫人の根岸京子氏が継承。(京子氏は映画監督・根岸吉太郎氏の母) 当時の木馬亭では、前狂言、歌謡ショー、切狂言、口上、舞踊ショー等昼夜2回、3時間半の長丁場。
    時にドサ回り一座の座長が総出演する「東西座長大会」が人気でした。
    (美濃瓢吾「浅草木馬館日記」参照)

トップページへ戻る

2008 奥山おまいりまち商店街